130W 42nd St .Suite 504 (between 6 & Broadway)
Phone: 917-806-8197
E-mail: info@bclink.net
2009年5月1日より130 W 42nd St. Suite 504 (between 6 & Broadway)にオフィスを移転いたしました!
詳しくはこちらの地図をご覧下さい。


Ako Kumagai, N.D.
皮膚病の治療に、漢方、食事療法、浣腸療法、解毒療法を受け、治癒した事をきっかけに、自然療法を学び始める。
クレイトン・ホリスティック大学、自然療法学修士号取得。同校で自然栄養学科博士課程在籍。 現在は、腸内洗浄、虹彩チェックを行い、食事や生活習慣の改善の指導を行っている。


* Doctor of Naturopathy
* Master of Science in Holistic Nutrition
* Study in Ph.D. in Holistic Nutrition
* International Association for Colon Hydro Therapy Certified Colon Therapist
* Global Institute of Alternative Medicine Certified Nutritional Consultant
* Member of National Association of Nutrition Professionals (NANP)

* Certified Iridology practitioner



(虹彩学 "イリドロジー"で体や心の健康状態を分析)


虹彩学(iridologyイリドロジー)とは、瞳の虹彩とよばれる黒目の部分を観察することによって、体や心の健康状態、疲れている箇所などを分析する学問です。虹彩学はヨーロッパを発祥に、すでに百年以上も研究されており、虹彩に現れるさまざまな情報が、健康を記録するスクリーンとして、予防・予知の観点で世界的に注目されています。虹彩学の長所の一つとしてあげられるのは、ある人の健康について様々な面を読み取れることです。虹彩の状態から、問題がどこにあるのか、複数の器官が関連しているのか、感情的もしくは精神的な要素が関わっているのかどうかも見当がつきます。虹彩学はひとそれぞれの性質と、自らの健康管理を尊重するものです。虹彩学は決定的な診断ではなく、その時の体の内部の状態をみるものですので、現在のご自分の体の状態を把握し、それをもとに改善に役立てる一つのツールです。




ドクター新谷がすすめる自宅でできるコーヒーエネマ(浣腸)とは?
世界ではじめて大腸内視鏡によるポリープ切除を成功させ、これまで約35万人以上の腸内の内視鏡検査を行い、約10万例に及ぶポリープ切除を1例の合併症もなく成功させ、約5万人を超える患者の食歴(食生活・生活習慣)を調査し、「予防医学」の重要性をミリオンセラー‘病気にならない生き方’で広めたその実績に、多くの賛同や感謝の声が集まっています。
予防医学に基づく独自の健康法は、日米はもとよりヨーロッパまで波及し、世界各国のVIPから大きな反響とサポート、信頼が寄せられています。アメリカ元大統領の相談役といった経歴も持っています。



化学物質や薬品等を一切使用せずに温水で腸内に蓄積した老廃物を洗浄する療法です。

口から肛門までは約9メートルの長い旅路であり、内臓であって外の物が直接触れる唯一の体の内側の部分です。体の外の汚れは、毎日のシャワーで洗い流しているのに、何故同じく外のものが触れている内側の部分も洗わないのでしょうか?

腸内洗浄の歴史はとても古く、古代エジプトの記録、パピルス、聖書、中国、ヒンズー、ギリシャでも、予防医学の中心とされ、多くのテキストの中にも言及されています。古くから体の解毒療法として広く人々に利用されてきました。あのクレオパトラやガンジーも浣腸洗浄を行っていたとも言われています。 薬学の父とも言われる、ヒポクラテスも腸内洗浄を’Internal Bath’ (内浴)と呼び、様々な病気の予防に利用してきたことも有名です。

長年排出されずに溜まっている便が腸内に停滞し粘液(mucus)と混ざり腐敗便となり毒素を出します。

大腸は、この毒素を再吸収し毒素は血流に入り、毒素が全身を巡り、汚血が始まり、体が酸化して、基礎代謝低下、活力不足、頭痛、便秘、むくみ、冷え性、肩こり、肌荒れ、体重の増加、生理不順等の体調不良を引き起こしています。

腸内洗浄で腸内環境を整えて内から外へ心も体もスッキリとキレイに保ち若返りましょう。




便秘、下痢、消化不良、ガス、疲れ、冷え性、浮腫み、肩こり、腰痛、頭痛、不眠、アレルギー、喘息、肌荒れ、にきび、体臭、口臭、生理通、体重増加、肝臓や腎臓の解毒機能の活性化 、大腸内視鏡検査前の準備等。

身体全体の解毒になりますので、あらゆる症状の改善がみられます。




血便、重度の貧血、心臓病、高血圧、アメーバ赤痢、大腸の手術後直後、胃腸の癌あるいはクローン病か潰瘍の大腸炎のような炎症などがある場合は必ず胃腸科の医師に一度ご相談ください。



Copyright © 2007 BCLink, LLC. All rights reserved.